華やぎの旅しおり NO220  皐月の頃 その3

辛夷







P1100604.jpg






今年は、こぶしのUP多し。



振り上げるのは、拳





見上げるのは、辛夷





P1100603.jpg






ここへ行きたいけど~






P1100619.jpg





霧が深くて~






P1100608.jpg





これは、小さい。








P1100616.jpg





*平成之大馬鹿門とは?





千種高原へ向かう道路を挟んで相対し聳える、おごしき山(1,095m)と空山(901m)の、それぞれの山頂に1基づつ平成9年4月1日に設置されたもん。







いつか撮って来るね。





P1100615.jpg





この山中のどこかにある?






P1100524.jpg






「大馬鹿門」じゃないよ。






P1100551_20110503233950.jpg





ベルピール





続く





-----------------------------------------



「華やぎ村ブログ」道草しながら、更新していきます。

引き続き、皆様の温かい拍手の「ポチッ!」よろしくお願いします。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ


 


心ひとつに キャンドルナイト



スローライフで、ぼちぼちと~



------------------------------

再度のご来村、お待ちしています。

ありがとうございます。


トラックバック一覧

コメント一覧

#13015 華やぎさんへ!!
利巧な門ですね~^^
見事な光景旅行した気分になれました!
#13016
えっ、これってもしかしたら「おおばか」門と読みますか?
石を組み合わせて作った芸術的な作品ですね。
#13017 鷹虎  さん
みんなが賢こ過ぎると、とんでもないことが起きる。

メェ~の世は、オオバカもんを必要としている。v-421
#13018 みどり さん
「平成之大馬鹿門」は、京都の仏教大学が大学の門柱として、石彫家の空充秋氏に制作を依頼。

空充秋氏が門柱の名称を「平成之大莫迦門」とした為、大学側は引き取りを拒否し騒動になった。

兵庫県千種町(現在は兵庫県宍粟市千種町)は、空充秋氏の「実るほど頭を垂れる稲穂かな」の精神を表したとのことに同感して引き取り、この門を二つの山に設置したそうです。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する