華やぎ日記2

seizan010.jpg
平成16年に西はりまに襲来した台風により、長年丹精込めて育てられた杉や桧は、「風倒木」となり、活用されることなく「ごみ」となって朽ち果てています。

しかし、発想を変えれば、ごみとなった「風倒木」や「流木」も活用すれば、このような作品に生まれ変ります。
 
危機を最大のチャンスとして捉え、「夢」をたよりに、今できることから一歩、一歩、「創惟(そうゆい・・・創り続けること」の心構えで、「ものづくり」を通して、夢の実現と地域の活性化を模索しています。
山奥の工房で、「夢」を追いかける日々は、「苦楽あい半ば」といったところですが、多くの人に励まされながら楽しく作品づくりに励んでいます。

拙い作品ばかりですが、「笑う門には、福来る」との諺もありますので、どうぞ、ご笑覧ください。

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する