第86回MAD作品展 NO2

グループ展の会場をアップします。

001.jpg
[兵庫県立西播磨文化会館]


012.jpg
[ギャラリー]
会員の作品をアップします。
最終日にユニークな「画評会」がありますので、コメントは出来るだけ差し控えます。
「華やぎ」さんは、その後の「打上会」を一番楽しみにしています。


004.jpg
Mさんの作品
心に染みいる水彩作品が多いのですが、今回は油彩での出品です。
厳冬の中、一羽の鶴に「生命力」が宿っています。
こういう絵に出合って、私は「油」を断念し、「笑」の世界へ方向転換しました。


005.jpg
Tさんの作品
指を使って瞬時に描く迫力ある具象作品を得意とされていますが、今回はアクリル板を使った抽象作品です。
エネルギーに満ち溢れています。


006.jpg
Uさんの作品
観音様でしょうか。仏画を永年描いておられます。
こころ癒される作品です。


画像 001
Nさんの書
いつも大胆な挑戦をされています。
華やぎ作品は、いつもこの展示場所から一番遠いところ?においてもらいます。



Sさんの作品
130号の細密画の大作で、誰にも「真似」の出来ないすばらしい作品です。
アルコールが入ると絶対描けませんよね。
結構「大酒飲み?」みたいなので、長期間「断酒」されているのでしょうね。


018.jpg
Yさんの作品
この方の作品は、人の心を揺り動かします。
陶板作品は、大きな公共施設の壁面を飾り、癒しのスペースになっています。


画像 033
Yさんの作品
姫路NO1の「占い師」さんで、バイタリティは他を圧倒します。


024.jpg
Kさんの作品
素直な心で描かれた作品は、「ほっと」します。


014.jpg
Iさんの作品
写真をアップしておりませんが、人は見かけによりません。
内面の優しさが、作品に滲みでています。
作品ではいつも負けるので、「歌」で勝負を挑んでいます。
皆さんの歌判定は、「どっちも どっち」のレベル?だそうです。


020.jpg
Tさんの作品
鉄を主体に立体作品を永年作成されている方で、「ユーモア」あふれる作品です。



Sさんの作品
永年の間に培われた柔らかな色使いに、人柄が滲み出ています。


010.jpg
Tさんの作品
「激流」の迫力に、圧倒されます。
「ピカソの会」の首領(ドン)?だそうです。


画像
Dさんの作品
しばしばイタリアを訪問されています。
明るい色調でイタリアの「華やぎ」を、旨く表現されています。


009.jpg
Nさんの作品
最近フランスから帰国された女流作家さんの作品です。
「フランスの香り」が漂ってきます。


画像 015
Tさんの作品
抽象が多いですが、びっくりするような具象にもチャレンジされています。
この方の審美眼と辛口?の講評は、「ピカ一」です。


コピー ~ 画像 017
Yさんの作品
花が一生懸命咲いている姿に、美しさを感じる作品です。


画像 030
Sさんの作品
「一枚の」の人気作家で、キャンピングカーで必ず現場を訪れ、描かれています。
「継続は、力なり」 見習わなくっちゃ~。


画像 024

会員の皆さんの作品にいつも圧倒されるため、華やぎ作品は「数」で対抗しています。
「下手な鉄砲も 数打ちゃ当たる」といいますが、全然当たりません。

順不同で掲載しています。
写真多少ぶれていますので、ご容赦ください。

11月9日まで開催しています。
「百聞は、一見にしかず」ですので、ご来館をお待ちしています。


ランキングに参加中
「ポチ」(クリック)よろしくお願いします。
  

トラックバック一覧

コメント一覧

#25
i-184MAD展凄いですねー写真アップしてあるのはとてもうれしいです(*^^*)でもやっぱり実物見て見たいです。
#26
ピカソ会員 さま

会場当番は、今回なしです。
土・日は、会場におりますので、是非お越しくだい。(ただし、マジック・ショー(?)は、予定しておりません。)

次回は、2009年4月頃「加古川会場」の予定ですので、作品をお待ちしています。

#27 ありがとうございます
M.鼻やぎ様

ご丁寧なご紹介をしていただき
MADの仲間は、感謝していると思います。
どうも有難う御座いました。

あ・・・華やぎさまでした。
#28
占い師 さま

コメントありがとうございます。

私も、「作品は遠慮がちだけど(?)打ち上げは半人前(?)」で参加します。

「場末のマジシャン 華やぎ」

#29
グループ展開催おめでとうございますv-222

華やぎ村さんを含め、素敵な作品の数々ですね♪
右下の「楽」とっても
いいですね♪

華やぎ村さんの作品も赤い色がパッと
目に入って、本当おもしろいですね。

近くだったら、見に行ってみたかったのに・・・残念。

#31
気ばかりヤング さま

ご来村ありがとうございます。

「ブログ」をひらく
「運」ひらく
「華」ひらく
「夢」ひらく

作品を拝見していて、こんな句をつくりました。

「酒のめば、鬼もにっこり 赤ら顔

気がむいたら、また、遊びに来てください。

だんだん

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する