災害列島・日本 防災 真備町のその時、そして今  NO37

平成30年7月の~


100人以上の尊い命が失われた「西日本豪雨災害」


(全国では、死者 224 人 行方不明者 8 人


負傷者 459人(重傷 113 人、軽傷 343 人、不明 3 人)


住家の全壊 6758 棟、半壊 1万878 棟、一部破損 3917 棟


床上浸水 8567 棟、床下浸水 2万1913 棟


公共建物の被害 22 棟、その他の非住家被害 281 棟)






大災害は「まさか?」から


「またか!」の時代に突入!!!





IMG_1084_20190729180233b4f.jpg



「たつの市揖西北まちづくり協議会」の「防災の集い」に

参加させてもらいました。



あの時から、早1が経ちました。





「ポチ」して、夢の世界へ~




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ


1



被災された方への「たつの市少年少女合唱団」のエール




IMG_1065.jpg



2




倉敷市真備町の浸水区域




IMG_1097_201907291810062ee.jpg




3



過酷な被災体験や現状報告が、ありました。




IMG_1082_201907291809585e6.jpg




「自衛隊やボランティアの皆さんをはじめ~



様々な人達のお陰で、今日がある」とのことです。





4



簡易トイレの作り方を、教えていただきました。




ワン




IMG_1089.jpg




5




ツー




IMG_1096_201907291810045b3.jpg



6




スリー




IMG_1092.jpg




大災害の多発により~

災害の被災者には、だれもがなる可能性があります。



大災害時には、「動物的感」 「早めの避難」 「人と人とのつながり」 

そして、「助け合い・励ましあい」が、生死を分けます。

被災時の命の守り方 自助 共助 公助のあり方

切実に、真剣に取り組む必要があります。





引き続き、皆様の温かい拍手の「ポチッ!」




よろしくお願いします。









スローライフで、ぼちぼちと~




トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する