華やぎの旅しおり NO353  春風そして波音 その9

ここはどこ?






P1030503.jpg






鶴瓶の「家族に乾杯」ロケ地






ここで道草、「ポチ」お願いしま~す。






にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ






おおきに~







1





ここは~





P1030520.jpg





2






嘉例川駅(かれいがわえき)





P1030505.jpg





鹿児島県霧島市隼人町嘉例川にある、九州旅客鉄道( JR九州)肥薩線の駅





3






展示品






ワン





P1030511.jpg






4





ツー






P1030512.jpg





5





スりー






P1030517.jpg




6





この時は、梅の花が咲いてました。






P1030518.jpg





7





華麗木?






P1030632.jpg





8






ここは?






P1030607.jpg




9





ワン





P1030627.jpg





10






ツー






P1030626.jpg





11




蒲生八幡神社




P1030613.jpg





12






日本一の~





大クス






P1030641.jpg




13





ワン






P1030636.jpg






14





ツー






P1030632.jpg





15






スリー






P1030639.jpg





続く





-----------------------------------------



「華やぎ村ブログ」道草しながら、更新していきます。

引き続き、皆様の温かい拍手の「ポチッ!」よろしくお願いします。







心ひとつに キャンドルナイト






スローライフで、ぼちぼちと~


------------------------------

再度のご来村、お待ちしています。

ありがとうございます。

トラックバック一覧

コメント一覧

#15705 おはようございます
これは立派な楠木ですね。
これは一度触れてみたいものですね。
#15706 No title
日本一大きい~~!一体何人で囲めるの
でしょうね。木でできたロマンを感じさせる
駅。そしてお隣は温泉なんて素敵じゃないですか?!
春のたび。いいですね。応援★
#15708 ネコビーバー さん
人の寿命なんて、どんなに長くても百年。

大きな木を見ると、心が癒されますね。

大きなクスの木の下は、「クスクス」それとも「スクスク」かな?
#15709 みどり さん
月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。

(月日というのは、永遠に旅を続ける旅人のようなものであり、来ては去り、去っては来る年もまた同じように旅人である。)

えっ?!

舟の上に生涯をうかべ、山羊の口とらえてメェ~と鳴くものも、日々旅にして旅を栖(すみか)とす。

ミシガンの森にももう直ぐ、春が来ます。

若葉の中、フルマラソンにチャレンジですね。

いいな。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する