華やぎワンダー・ワールド 756 華やぎ村カエル NO 2

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。



知らず、生まれ死ぬる人、いづかたより来たりて



いづかたへか去る。



また知らず、仮の宿り、たがためにか心を悩まし



何によりてか目を喜ばしむる。





IMG_0961_2020041810243120a.jpg




よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて



久しくとどまりたるためしなし。



世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。



その、あるじとすみかと、無常を争ふさま



いはば朝顔の露に異ならず。





IMG_0964_202004181024333e8.jpg




あるいは露落ちて花残れり。



残るといへども朝日に枯れぬ。





IMG_0965.jpg




あるいは花しぼみて露なほ消えず。



消えずといへども夕べを待つことなし。(方丈記より)





「ポチ」して、夢の世界へ~




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ



続きを読む »