武蔵の歩んだ道 NO6 美作の巻 (その1)

武蔵の旅、ぼちぼちとUPしていきます。
吉川英治先生が、小説「宮本武蔵」を執筆した場所へ、引き返しました。

9020312.jpg
[ 青年武蔵とお通 ]

大聖寺(*)山門前にあります。
「武蔵」が「お通」とともに、作州吉野郷(さくしゅうよしのごおり)を後に、播州姫路城へ今まさに旅立とうとしています。
「武蔵」のモデルは役所広司さん、「お通」は古手川裕子さんです。

*大聖寺は、738年に行基が開基したと伝えられる古刹で、岡山県美作市にあります。
梅雨期には約10,000株のあじさいが咲き競い、別名「あじさい寺」とも呼ばれています。
「大衆即大知識」(大衆と共にいき、大衆の夢に応える)の理念を掲げた吉川英治先生は、このお寺に逗留、滞在を繰り返し、「宮本武蔵」の執筆構想を練り上げました。
続きを読む »